理由その1 理由その2 理由その3

三井住友銀行カードローン

実質年率 年4.0%~14.5% 限度額 800万円
利用可能者 満20才~69才以下の方

《三井住友銀行カードローン》なら、金利年4.0%~14.5%(変動金利)

最高800万円までお申込可能。審査は最短30分。三井住友銀行に口座がなくてもお申し込み頂けます。ご利用は三井住友銀行のATM、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM・ゆうちょATM等で利用頂けます。

三井住友銀行に口座がない方でもお申し込みいただけます。

300万円迄のお借り入れであれば、収入証明書は不要となっております。


今すぐお申し込み
三井住友カードゴールドローン

実質年率 3.5%~9.8% 限度額 最大700万円
利用可能者 満20歳以上~55歳以下で安定した収入のある方

低金利のおまとめローンといえば、三井住友カードゴールドローン。
借り入れの年数により最大0.3%~1.2%の利率が優遇されるのも大変嬉しいサービス。

利用限度額も700万円と余裕がありますので、金額も比較的多めのおまとめローンにもオススメしたい「三井住友カードゴールドローン」です。


お申し込み具体例 今すぐお申し込み
モビット

実質年率 3.0%〜18.0% 限度額 1〜800万円
利用可能者 満20歳以上69歳以下の安定的定期収入のある方、パートやアルバイト、
自営業の方も申し込みOK

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座をお持ちの方は、
モビットの【WEB完結申込】なら、ネットで申込みから借入まで全ての手続きが完了します。
電話や書類郵送のわずらわしさもなく、利用開始までの待ち時間が最小限。
申し込みが家族や他人に知られる心配もありません。

限度額は、ゆとりの800万円までで、おまとめ・借り換えどちらにもご利用が可能です。


お申し込み具体例 今すぐお申し込み
楽天銀行

実質年率 4.9%〜14.5% 限度額 500万円
利用可能者 満20才〜60才以下の方

楽天銀行のカードローンは、使用目的が原則として自由(事業性資金は不可)となっており、おまとめや借り換え後の融資枠残高が残っていれば、繰り返しの使用が可能な便利さも持っています。

限度額最大500万円までで、200万円の借入なら収入証明の提出が原則不要なのがうれしいところ。
パート・アルバイトの方はもちろん、専業主婦の方が申込みできるところも魅力的です。

ネットに強い楽天銀行らしく、パソコンや携帯から24時間利用が可能です。


お申し込み具体例 今すぐお申し込み
アコム

実質年率 4.7%〜18.0% 限度額 1〜500万円
利用可能者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムのカードローンは、金利(年率)4.7%〜18.0%で最高500万円までのお借入が可能です。ネットでお申込からご契約まで可能で、即日振込にも対応しています。

また、アコムにはおまとめローン(借り換えローン)を希望される方の申し込みも大変多くなっていますが、その理由として上限額が500万円と銀行系などの大口カードローンよりやや小さい分、金利が比較的低いので(借り換えローンの最低金利は7.7%)、審査などの関連も含めて小口〜中口のおまとめ希望の方に支持されている事が挙げられます。

申し込み条件についても、一定の収入のある方ならパート・アルバイトの方でもお申込できて、審査回答が最短30分なのでお急ぎの方は是非ご利用ください。


お申し込み具体例 今すぐお申し込み
プロミス

実質年率 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円
利用可能者 20才以上、69才以下の方

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスにもおまとめローン商品があります。
使用目的は、おまとめ・借り換えに限定され、繰り返しの利用はできないので注意が必要です。
限度額は500万円まで。

使途を限定されたくない方には【フリーキャッシング】がオススメです。
こちらは、限度額の範囲で借入・返済が可能で、30日間の無利息期間サービスも行っています。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

女性専用ダイヤルが安心の【レディースキャッシング】の設定も、女性にはうれしい限りです。


お申し込み具体例 今すぐお申し込み

借金をまとめる!その後の留意する点とは?

matomeおまとめローンが済んで、今後はしっかりと経済的な計画を立てていこうとお考えの方にお伝えします。

今からお話する内容はとても重要なことで、カードローンやおまとめローンに限らず、自分のやりたいことや買いたいものがあると、 どうしてもまたローンで!?という思いが浮かんでくることがあります。

その時にちょっと立ち止まって、今置かれている自分の状況をよく見てみることを強くお勧めします。

まず、多くの方が利用している銀行や消費者金融などのカードローンについて考えてゆきたいと思います。

なぜかといいますと、おまとめするほとんどの方の借金(ローン)がここから発生しています。(闇金は論外!正式に弁護士などに依頼して対処しましょう) 昭和の消費者金融がサラ金と呼ばれた時代…

>>続きはこちら

Home

TOPへ戻る