銀行系が最適とは限らない!
理由その①
上限金利が低順番は銀行系→信販系→消費者金融系となりますが、 その利用体系や状況により消費者金融を利用した方が良い場合があります。

Home > 銀行系が最適とは限らない!

銀行系が最適とは限らない!

よく「おまとめローンを組むなら銀行系がいい」と言われますが、
確かに金利だけを単純に比較すれば、銀行系は低金利なものが多い傾向があります。

naga
上限金利を低い順に並べると、銀行系→信販系→消費者金融系となり
やっぱりおまとめローンは銀行が有利」と、思われる方がほとんどでしょう。

確かに金利だけを見れば、銀行系でおまとめするのが理想的ですし、銀行系なら総量規制の対象外になるため、大口のおまとめも可能です。金利が低い分、返済総額も少なくなる傾向にあります。

このように言うと、消費者金融系はダメなように感じるかもしれませんが、いちがいにそうとは言えません。

金利は比較的高めに設定されていますが、消費者金融系のおまとめローンでは

 ●「申込みから審査・融資までが比較的早い(即日振込が可能など)」

というの特徴があり、銀行系と比べると「借り入れまでの時間が短い」傾向があります。

金利もグレーゾーン金利の廃止以降、ほとんどのところが上限金利18%以下になっているので、法外な金利を取られる心配もありません。

さらに、小口〜中口の金額のおまとめは消費者金融の方が最低金利に近づく額が小さくて済む分、逆に銀行カードローンよりも金利が安くなる場合もあるため、全体の金利だけを見て早合点してしまわないよう注意しましょう。
ginkou_syouhi_2

また、消費者金融での通常の借入は、総量規制の対象になるため原則では年収の3分の1以上の借入は出来ませんが、

現在借入をしているところよりも金利が低くなり、借り手が一方的に有利になる借り換え(おまとめ)に限り、例外的に年収の3分の1を超えていても借入の契約を結ぶことが可能です。

1,「おまとめする総額が多い」「金利を低く抑え、返済総額を出来るだけ少なくしたい」ならば銀行系

2,「おまとめの額が少ない」「一刻も早くおまとめしたい」なら、消費者金融系

という選択肢があるのではないでしょうか。

なによりもまっ先しなければならないのは、自分の借入がどこにいくらあるのかを明確にして把握しておくことです。場合によっては、おまとめをしても月々の返済負担や返済総額がほとんど変わらないか、
最悪の場合増えてしまうこともありますので、そのあたりのシミュレーションは充分にしておくことをお勧めします。

 

銀行系おまとめローン

三井住友銀行カードローン
実質年利 年4.0%~14.5% 限度額 800万円
担保
利用可能対象者 満20才~69才以下の方で安定した収入のある方
今すぐお申し込み
楽天銀行
実質年利 1.9%〜14.5% 限度額 800万円
担保 不要(楽天カード株式会社及び株式会社セディナの保証を受けられる方)
利用可能対象者 満20才〜60才以下の方
今すぐお申し込み

消費者金融系おまとめローン

モビット
実質年利 3.0%〜18.0% 限度額 1〜800万円
担保 不要
利用可能対象者 満20歳以上69歳以下の安定的定期収入のある方、パートやアルバイト、
自営業の方も申し込みOK
今すぐお申し込み

※即日振込みの場合
・14:50までの振込手続完了が必要です。
・審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

アコム
実質年利 3.0%〜18.0% 限度額 1〜800万円
担保 不要
利用可能対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
今すぐお申し込み
プロミス
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円
担保 不要
利用可能対象者 20才以上、69才以下の方
今すぐお申し込み

TOPへ戻る