Home > 審査に落ちてもあわてない!原因をよく考えてから次のおまとめローンを選択してください。

審査に落ちてもあわてない!原因をよく考えてから次のおまとめローンを選択してください。

「審査に通らない」「審査落ちしてしまった」という結果が良くおまとめローン関連の掲示板やナレッジコミュニティサイトへ投稿されていますが、若干致し方ないとは思います。

おまとめローンに関しましては、単に返済を一本化したいといった希望や、返済は滞っていないのだけれど、若干でも返済利息を下げたいという通常レベルの方の申し込みの他に、他社から借入してしまって気が付くと自分で返せる額をかなり上回ってしまって、生活を圧迫してしまいだした方や、わずかでも返済額を圧縮しなければにっちもさっちもいかない方も多く含まれているからです。

基本的に「延滞」を繰り替えていた方の場合、大手銀行のおまとめローンはもとより、中小の消費者金融での一本化も難しいと言わざるを得ません。この場合は残念ながら審査申し込みはあきらめ、着実に返済履歴を付けて行くことと共に、延滞の履歴が消えるまで数年は待つ必要があります。

一方、申し込み条件に十分適合していたにもかかわらずに審査に落ちてしまった場合、そこで気落ちしてしまって次に申し込むのを躊躇される方も多いのですが、この場合は少しレベルを下げて、
大手銀行のおまとめローンで審査が不通過の場合は流通・信販系のおまとめローンを選択する
流通・信販系のおまとめローンがダメだった場合は消費者金融のおまとめローンに申し込むなどで対応可能です。
ただ、同時申込は心証を悪くすることが多いため、1つの会社へ申し込んだ場合はその結果が出るまでは他社へ申し込みは控えたほうが無難です。

また、貸付条件の範囲内に十分適合していると思った場合でも、いきなり多額のおまとめローンへ申し込みをするのもやめておいた方が無難です。

大きな額の一本化を予定している場合でも、まず返済実績を新しいおまとめローン会社につけていくことが大変重要で、全てを一気におまとめすることはあえて控え、金利・年利の高い分の数社をまず一本化し、信用を得て相手から増額希望の有無の打診が来るまで待ってすべてをまとめていくといった流れが一番堅実でスムースです。

また、「なぜわたしが審査に落ちたのか、理由がわからない」ということがよく書き込まれていますが、まず一つは「審査申込書類の項目に不備や間違いがあった」ことが大きな理由の場合が結構多く、軽く見られがちなのですが大変重要な部分です。また、故意にではないとしても収入等の記入(入力)欄等に現状とは違う数値を書いてしまったり、心証を良くするために数字をごまかしたりした場合は「信用」という部分でNGとなり、他の項目が問題なくても審査落ちしてしまうこともあります。

その他、上記で申しました「いきなり大きな額のおまとめローンをめいっぱい申し込んでしまった場合」や、これも割と多いのですが、「申込先のおまとめローンの会社の財務状況の都合で、その申し込みがタイミング悪く却下となった場合」も実は多いので、そのようなことも含めて一度審査に落ちてしまってもあまり深刻に考えすぎないようにして他社に早目に申込んでみて下さい。

その場合のヒントですが、一番申込に適した会社・タイミングを計るには、対象の会社が何かしらのキャンペーンを実施していた場合が一番審査通過しやすいタイミングと言えます。特に「期間限定・金利優遇キャンペーン」等を開催している場合は絶好のチャンスです。

Home > 審査に落ちてもあわてない!原因をよく考えてから次のおまとめローンを選択してください。

TOPへ戻る